素人が仮想通貨をやり繰りして10日で35%(58万円)も減ってしまった反省から得られる教訓

もしガチホールドしていたら220万円になっていたのが、色々いじくったら162万円になってしまいました。。

びふぉー:220万円

1.14BTC = 102万円

3000MONA = 115万円

あふたー:162万円

1.01BTC = 91万円

現金 = 71万円

時価の損失に加えて、税金も考えるともっと損失は大きいでしょう。

反省点

・チャートを見ながら取引してしまった

・やばいと思って損切りすると値が上がる

・上がると思って買うと値が下がる

・日々の周期的な値動きで収益が上がりそうだと値動きを予測して売買価格を決めるが、怖くて実行できない。でも結果的に予想は当たっていた。

・モナが高騰する前にMonaparty(モナパーティー)の話は知っていたが、それでモナコインの値が上がるとは思わなかった(それが本当の材料かは分かりませんが)

など、まるでダメでした。

教訓

・チャートをみて一喜一憂して取引しない

・これ以上値下がりするとやばいと思ったら買う

・上がると思ったら売る

・予測を立てたら覚悟を決めてやる

・値上がりの材料には気を配る

分かっているつもりですが、つくづくメンタルが大事ですね。

つまり、値動きは弱気なカモと、それを理解して食い物にできる強者が決めているという事なのでしょう。

まして、日々の値動きが激しい仮想通貨では短期的な値動きに対しては材料うんぬんよりそういう短期売買のテクニックがないと勝てない気がします。

ということで、短期の値動きに惑わされずに、一か月単位くらいの見通しを立てて行きたいと思います。

気を取り直して今後の方針を考察する

年内のポイントは3つ

①CME先物上場が決まればビットコインを含む仮想通貨が上昇する見込み

②さらに先物に上場されて資金が流れ込み相場を底上げする

bitFlyerが欧州と北米に進出しモナーコインがユーロ、ドルと直接取引できるようになり値上がりする

結論

細かい値動きは気にせずに、ビットコインとモナーコインを半分ずつ持っておく

あとビットコインキャッシュは17~18万円に高騰した今手を出すのは怖いので、

もし10万円くらいに暴落したら買っておいてもよいかもしれません。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。