我家のXPマスターノードPoS専用マシンはGPD WIN!

XPをPoS(Proof of Stake)でマイニングするにはPCの電源を入れっぱなしにする必要があります。普段使っているPCでやっている方もいるかも知れませんが、やはりPoS専用のPCがあるといいですよね。

PoSの場合はPoWのマイニングの様に専用のASICやGPUをぶん回してファンの轟音と膨大な電力を使う必要はありません。

むしろ、省電力でコンパクトな方が好ましいでしょう。(本当に大事なのは信頼性や稼働率ですけどね)

で、我が家のPoSマシンはこれです。

知る人ぞ知るGPD WIN!用途がないと分かっていながら思わず買ってしまい、埃を被って眠っていたこいつにとうとう出番がやってきました。

おいおい大丈夫かよ?と自分でも思っていました。

ウォレットはWiFiでは不安定では?

24時間稼働大丈夫か?

まぁ大丈夫っぽいです!

もちろんウォレットのバックアップはトランザクションが更新される度にやっています。ぶっちゃけPC本体はどうでも良くてデータのほうが重要ですから、バックアップだけはしっかり取りましょう。

しかし、XPのマスターノードには5000万XP必要で、現在の時価0.5円で約2500万円にもなっています。理論値だと月収100万円です。一方こいつは3万円くらい。。マジか。。

XPはPoS(proof of steak)型の仮想通貨です。ウォレットに入れてPCの電源を入れっぱなしで放置するとXPが増えていきます。増...

思い起こせば、4年前の1月1日、モナーコインがデビューしてマイニングを開始した日。物置部屋にタワーPCをおいて轟音を立てながらマイニングして最初は確か300MONA/日くらい掘れていた気がしますが、機材の固定費、電気代、グングン上がる採掘難易度で減っていく採掘量。最終的にはGPUにHD7990を投入しましたが、家族の冷ややかな目と、メンドくささに脱落しました。一応プラスにはなりましたが、労力含めると取引所で買った方がましでしたね。

それと比べるとなんて楽なんだろうPoS。しかも収益が桁違い。XPの相場が現状以上になっている限りは安泰ですが、何日、何ヶ月もつのだろうか?或いはもっととんでもない額になるのだろうか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。